経営トップとして安心して経営を渡せますか?

 バトンタッチ後の自身の人生計画がありますか?

 後継者として喜んで経営を引き継げますか?

 

 
  2017年  10月7日(土)  または
      10月14日(土)


 同じ内容です。どちらかお選びください 13時-17時

 
こんな方はご参加ください・・・・

 ☞ 医師としてまだ大学病院あるいは医局から他病院に派遣されているか実家に戻り後継者としての準備をしなければならない
 
 ☞ 父親が高齢にもかかわらず経営しているが体力・知力とも衰え、今後
の経営が不安である

 ☞ 医師ではない自分が跡を継げるか?医師達・コメディカル達をマネー
ジメントできるか不安

 ☞ 同じ医療法人内で3兄弟が働いているが、長男として兄弟を上手に
仕切ってゆけるか不安

 ☞ 今日まで地域で何とか急性期中心でやってきたが、ここ数年収益が減
少しつつありこのままバトンタッチされても肩の荷が重く,継ぐのを躊躇して
いる     
 ☞ 父親が再起不能の状態だが自分は医局で修行中で医局との関係で継ぐ
のをためらっている

 ☞ 地域の高齢化で急性期から慢性期へと追いやられ医師としての
自己実現にとまどいがある

 ☞ 後継したばかりだが古い先輩の医師・看護師に対してリーダーシップ
が発揮できず困っている

 ☞ 後継者として経営会議に参加しているが財務、特に決算書が理解でき
ず、憂鬱な日々だ

 ☞ 診療報酬改定や医療法改正の度に慌ただしく振り回され、経営計画
はあっても機能していない

 ☞ 2025年問題に対応した経営の方法と選択肢を学びたい

 ☞ 人材確保、特に看護師・介護士不足に困っている。また、職員の
高齢化で人件費が上がっている。
 
このセミナーでは次の成果が得られます・・・  
 

1.決算書をしっかりと読むことができ、分析・展開の仕方が学べます

2.2025年問題に対応した経営の方法と選択肢が学べます

3.優れた医師・看護師を独自で確保し人財に困らない組織を作れます
4.先代から引き継いで地域になくてはならない病院を築けます

 
   
 講師は・・  


 


  野口 哲英

(株)日本医療経営研究所  代表取締役
(株)メドックス取締役会長 特定非営利活動法人 アイエイチエムエージャパン名誉理事長
(社)国家ビジョン研究会理事  医療看護介護分科会副会長・幹事
(社)認知症改革改善協会 代表 (2017年4月設立)
「病院経営塾」、「経営管理者塾」を27年にわたり主宰。総勢630名を越える。卒業生は全国各地で活躍している。

【著書】
「絶対絶命の社会保障制度」
「サバイバル病院経営逆転の発想21」
「病院経営塾」「新・病院経営塾」
 講義の内容は・・・      
   

 ■ 1 先代からの上手なバトンタッチを得るための必須条件
初代2代目3代目の特徴と役割/スムーズな後継の為の3つの

ポイント/先代への感謝と処遇の方法

■ 2 二代目は二代目の創業者、自身のロマン、ビジョンの確立と明確化
2:8の原則/新しい価値の創造/トップにしかできない仕事は2つしかない

■ 3 激変する時代への禅的発想 変わるものと変わらないもの
超高齢化少子化への対応/生活習慣病への対応/認知症への対応

■ 4 お客さんあっての経営・マーケティングとお客満足
医療界の常識を疑え/マーケティング力が決め手/経営計画のポイントと戦略・戦術

■ 5財務解らぬは経営者失格 B/S P/Lの完全理解と読み方
収益増・費用減これからの対策/資産管理と相続対策


 
 
       受講者からの喜びの声  
  (医)芙蓉会病院 村上拓哉先生  
 

  私は青森市内の約400床の精神科病院と120床の内科病院や老健施設を擁する医療法人をいずれ受け継ぐ者です。
 12年前に経営の右も左もわからない段階で、野口塾の門をたたきました。経営を学ぶということはきっと、堅苦しい内容なのであろうなと思っておりましたが、禅の精神を取り入れた経営哲学は聞くこと見ることすべてが、まさに目から鱗なことばかりでありました。自分の思い描く“ロマン”が明確になり、それに向かうにはどうすればいいのかが見え始めました。塾の集大成として最後に「経営計画書」を作りました。それが驚いたことに、10数年たった今現在、その内容に沿って進んでいるではありませんか。これは、特筆すべき事実です。実は私は2年前に二度目の病院経営塾を受講しています。2度目だからこそ、1度目とは違った角度から、塾長のココロが全身に浸透してきました。そして改めて、今後展開したい“ロマン”が見えてきたのです。私は現職の院長でない立場で受講したわけですが、今後は「後継者のために」特化した内容であるとのことなので、後継者の立場の方々にはぜひ、お薦めしたく思います。

 
   
   (医)聖仁会・光仁会 理事長 西村直久先生  

思い起こせば今から18年前、先代理事長の急逝により急遽事

業を継承した。大学病院での医師生活から一転、病院経営者になるも初めての経験ばかりで右往左往したのを覚えている。藁をもすがる思いで手にした医療経営誌に「病院経営塾」の広告を目にした。数ヶ月にわたる塾長と塾生の勉学には、経営にはロマンがあり価値のある目標であると学びました。高齢化社会の到来、病院冬の時代と言われ始めた当時、経営が恐怖からやりがいに変わった瞬間でもあった。短期・中期・長期経営計画の策定など現実的なカリキュラムも多く、授業の後の懇親会も有意義でありました。私のみならず母や妻、経営幹部の多くが日医研の皆さまにお世話になり、今があるのだと感謝に堪えません。


   
   (医)神甲会 隈病院 理事長 隈 夏樹先生  

私は現在でこそ医療法人の理事長をしていますが、もともと医療業界には進まずにITに関連した業界に籍を置いていました。その後、当時院長だった父の下で病院のIT推進と病院経営を手伝うことになったわけですが、異業界の出身ですから当然ながら病院の仕組みや医療行政に関する知識は全くありませんでした。そんな時、病院経営塾を推薦され藁をもすがる気持ちで受講したのでした。実際受講してみると、例えば通常のビジネスとは大きく異なる医療独自の収益構造や医療行政に関することといった基本的な事柄、さらに医療に関するトレンドといった、より選ばれる医療機関になるための条件といった非常に役立つ内容が必要な知識として紹介されます。しかし、病院経営塾が本当に教えるのは増収増益のためのテクニックでも、他の医療機関との競争に勝ち残るための方法でもありません。ズバリ経営者はロマンを持てと教えられます。

 病院経営のミッションは、医療業界にとどまらず、日本にとって必要とされる次世代の経営者を育成するのが最終目標なのです。私は米国のアップル社の製品が好きなのですが、アップルを81年に追放されたスティーブ・ジョブズは97年に復帰した後「アップルがやらないと、どこもやらない。だから我々はここにいるんだ。」と語って社員を鼓舞したと言われています。ジョブズは自身が信じるとおりに経営を行うことで倒産寸前のアップルを立て直し、さらにiPhoneを送り出して世界を変えてしまいましたが、まさにこれがロマンを持って経営すること。日医研では病院または医療法人の経営者も自分がなにをなすべきなのかを問い直し、医療法人または病院とはなにかを見つめ、今できること、将来やるべきことを明確にして、自分の信じた目標に向かってひた走ることによって、自然に組織が強くなり多くの人から支持される医療機関となると教えられます。これによって、私は異業種時代に培ったITや顧客満足に関するノウハウなど、自分の得意な分野を医療にフルに活かした経営を行うことができるようになったわけです。さすがに誰でもスティーブ・ジョブズになれるわけでは無いですが、病院経営塾の受講は自分がなすべきことを発見する旅でした。病院経営塾

では真の経営者とは何かを学ぶことができるのです。


 
 
   (医)T会 精神科病院  理事長 M.A.先生  
   
私は当時まだ研修医を終え大学より一般病院へ出向したばかりの頃で、病院経営者の父より勧められました。野口先生の講義は刺激でした。自分は医業をクリエイティブに夢とロマンを持って切り開いていける立場にある、と認識を変えることが出来ました。またバランスシートの読み方を始め、病院の経営的な側面からみた多彩な講義を受けることが出来、自分が不安に思っていたことの整理が出来ました。今から思えばあの講義を契機に、承継への意志を固めたと思います。もう一つ印象に残ったのが同期の先生方です。全国から集まったさまざまな専門科の先生方がいらしており、精力的な経営に圧倒されたり励ましていただいたことを思い出します。最近では幹部候補の看護師や医師がお世話になっております
 
      ※病院経営塾の修了生の喜びの言葉もご覧ください  
会 場
 品川高輪倶楽部 会議室  (JR品川駅 徒歩1分)予定
  
 

費 用
 
     25000円 ただし、

     早期申込み特典 20000円 (9/20まで)

   【特典】 修了後は日医研クラブの準会員資格を付与し、
         日医研の専門家のコンサルティングを受けら
        れます

         11月より始まります 第86期病院経営塾 
         の参加費用より入門セミナー参加費を
         充当いたします

     

お申込みは info@nichiiken.com

または お電話 03-5206-8199へ

ご希望の方には「病院経営塾生感想文集」をお送りします。

 
 
        トップへ  
     
   

I.H.M.Aは医療及び福祉に関わるマネジメント教育を推奨している非営利法人であり、日医研はI.H.M.Aの認定機関です。